法人サイト逮捕事例(着うたキングダム)

法人サイト逮捕事例

違法着うた法人サイト逮捕事例

今や飛ぶ鳥を落とす勢いすらある着うた業界ですが、巨大化する業界の影となっているのが著作権問題です。
著作権を侵害しながら配信を続けている違法サイトも少なくなく、その被害額は甚大だと考えられています。

 

着うたサイトの大きさに比例して著作権が侵害される被害額も大きくなりますので、有名な大手サイトほど著作権侵害に敏感になるのです。
そんな状況の中で「着うたキングダム」という法人運営サイトが著作権侵害容疑で検挙されました。

 

容疑内容は会社ぐるみで著作権侵害に加担したというもので、事実、大手レコード会社が持つ著作権を侵害した楽曲配信が行なわれていました。
「着うたキングダム」の著作権侵害は長期に渡って行なわれていた為、被害額も想像を絶するものとなっており、着うたサイトそのものの在り方が問題視される危険性すらあったのです。

 

現在では、ほぼ全てのサイトが著作権に関する利用許可を得ていますので、被害は少なくなってきたと考えられています。
「着うたキングダム」の事件は、利用者側にも著作権について考えるきっかけを与えたのではないでしょうか。

 

つまり、悪徳サイトを利用することが社会的に良くない影響を与えかねないと考えるようになったのです。
音楽と著作権について健全なイメージを壊さないようにする為にも、配信している楽曲の著作権をしっかりと守るこちらの無料着うたサイトへ会員登録しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ